« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

アートな日々 その①

「パディントン便り。」From オーストラリアのyokoさんの展示会に先週金曜日に行ってきました。

yokoさんの絵はKazuyo's Collectionのトレードマークでもおなじみです。

本日開店へ

私はyokoさんの絵が大好きです。

Kazuさんにお会いしてまだ間もないころ、この絵を見せていただきご本人を目の前に「この絵の人は誰ですか?」と失礼な質問。「それ私よぉ~」を笑って答えていたKazuさん、あれから数カ月。。。

本人の人柄を知り、ともに過ごした時間を振り返ると、

あぁ、これなんだ!と思ったのです。絵には不思議な力がありますね。

金曜日にはyokoさんお忙しいのに、私に付き合って下さいました。(yokoさんが有名になったらみんなに自慢しよう。。。)絵を鑑賞し、お茶までご一緒させていただきました。

Img_4809_3

Img_4808_2

Img_4807_2

yokoさんとはもともとWest End Marketでお会いしました。あれから一年、お互いにこういう形で前に進んでいる事、yokoさんもおっしゃっていましたが、感慨ひとしおです。。。

アートの「ア」の字もない私の日常に色を添えてくれたyokoさん、

ありがとう☆

アートな日々 その②

12月6日 小さな音楽会がブリスベンのとあるコニュニティーホールで開かれました。日本のわらべ歌、手遊びなどあまり聞いたり遊んだりする機会のないこちらの子ども、大人たちの為に企画された音楽会です。

その日のお話をします。

当日は主催者momoさんのアイデアで、来場者の方にオーガニックティーを振る舞うこととなりました。来場者の方には事前にお伝えし、「マイカップ」を持参してもらいました。

とてもいいアイデアではありませんか。「マイカップ」

淹れる側は、使い捨てカップにお茶を機械的にただ注ぐのではなく、気持ちを込めてお茶を淹れることができ、飲む側も、「お茶の間でお茶を淹れてもらっている感覚」とでも言いましょうか、特別おいしく飲んでもらえたのではないかと思います。

当店のお茶が美味しいから。。。と言いたいのではありません。

こうして心を込めて淹れてもらったお茶が美味しいのです。

そんな当たり前だけど、私たちの日常から、忘れさられてしまいそうな大切な事。伝え続けなくてはいけません。

Img_4830_2

お茶の提供を中断し、「茶摘み唄」が始まる前、子供たちの前で、茶摘みのお話をしました。

これがあったので数日前から ドキドキ ドキドキ。 どうも最近のワークショップ、デモンストレーションと、失敗続きですからちょっと沈んでいます。でも今回は、日本語だし、子供じゃんかぁ。いつものつもりで自分の子供にお話しするつもりでいこう!と話してみたらまずまずでした。ちょっと自信を取り戻したところで、やっと私も音楽会を楽しむことができました。

茶摘みの唄あたりから、ピアノ演奏に、チェロ、パーカッションが加わり、音楽会は佳境に。。。

Img_4834 Img_4835_2

真近で生演奏を聞き、子供たちと楽しい時間を過ごし、慣れ親しんだ日本の歌を聞いていたら、ジーンと胸が熱くなりました。みるみるうちに涙が溢れそうになり、恥ずかしいのでなんとかがまんしました(笑)

音楽が心に響いた瞬間です。

ピアノ、チェロ、パーカッション最高でした。。そんな素敵な音楽会でした。子どもたちは何を感じたのだろう?お母さんは人一倍感動したのでした。。。

みなさん、お疲れ様でした。

感動をありがとう。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブリスベン天気

為替