« 大切なあなたへ | トップページ | お茶碗 »

お知らせ 22 Nov, 2008

明日 11月22日のマーケットはお休みします。

残念ながら、天気予報では雨、ストームの可能性となっています。

これで晴れることも多々あるのですが、今現在、前日の天気予報により出店を決めさせていただいております。会場の都合上、テント設置ができず、出店をお天気に左右されるのは不本意ではありますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

こちらの勝手な都合で大変申し訳ございませんが、今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

よい週末をお過ごし下さい。

AYA GREEN TEA

« 大切なあなたへ | トップページ | お茶碗 »

種まきしましょう。」カテゴリの記事

コメント

初めまして。植物のことになると直ぐ気になるものですから、お邪魔してしまいました。お許しください。
「プランターでニラを植えて発芽しなかった」とのことですが、ニラは種子からだったのでしょうか? ニラやネギの種子は実は短命種子です。発芽力のあるチャンとした種子だったのでしたら、播種の時期や播種後の管理の仕方が悪かったことになりますが、種子自体に問題があったのでしたら、貴女の所為ではありません。ましてや、腕が悪いなぞとは…

「でもシソ食べたいんでやってみます」とのこと、ご成功を祈ります。

lapacho427 さん

Kyoさんのブログからお越し下さったんですね。ありがとうございます。ニラは種子を買いました。ひょっとしたら播種の時期が早すぎたのかもしれません。冬に植えました。短命種子とは初めて知りました。ひょっとしたら種自体が古いものだったかもしれないのですね。種にも有効期限ってあるんですね。まだ種が残っているのでニラの種まきしてみます!

この10年来、ジャカランダやTabebuiaなどの品種改良をしています。大事な交配種子ですので、確実に発芽させる必要があり、普通の園芸的手法より、少しばかり丁寧な方法で種まきをしています。その方法は;
蓋付きの浅いプラスティック容器(ガラスシャーレに準じる)にキッチンペーパー(CP)を二重に敷いてその上に播種し、更にCP一重を被せて、適当な水湿(下のCPにごくごく僅かに水が溜まる程度)を与え、室内の適当な温度のところ置いておく(寒い時期は暖かい所、暑い時期は逆)というものです。
発芽したらピンセットで移植しますが、ブリスベンは気候の日変動がごく激しい所のようですので、こんな方法で種まきのコツをお掴みになってはどうでしょう!?
要は、種まき当初の管理の如何が成否を左右します。勿論種子が健全という前提の下ですが。

lapacho427さん
ご親切に説明までいただきありがとうございます。とても分かり易く説明していただき素人ながらもイメージが鮮明になりました。発芽をさせてからプランターに移してみます。それで発芽しなければ種の寿命の問題ですね。ジャカランダの品種改良ですか?今年初めてオーストラリアで満喫しました。素敵な花ですね。

1979年11月、PNGのポートモレスビーからメルボルンに向かう飛行機が、給油のためにブリスベン空港に立ち寄りました。降下する機窓から見えたのは、ラベンダーブルーの花の海でした。取るものも取りあえず、逸る心を抑えに抑え、タクシーで走りました。そして花、花、花のラベンダーブルーの天蓋と、散り敷いたラベンダーブルーの絨毯、その狭間に身を置いてジャカランダを堪能しました。私には忘れえぬ思い出です。
ひょんなことから、アルゼンティンでジャカランダ(Jacaranda mimosifolia)の育種を始めることになり、この植物と深く係わることになったのですが、Tabebuiaも南米原産の素敵な花です。ブリスベンにも入っているようですので、是非ご覧になってください。ピンクと黄色があります。花期はジャカランダより早く、そちらでは8月頃でしょうか。
ブリスベンにお住まいとは、羨ましいです。

Tabebuiaも素敵な花ですね。紫と黄どちらも満開の時期には綺麗でしょうね。私も満開のジャカランダを初めて見た時はとても印象的でした。アルゼンティンではありませんが、以前コロンビアのバラが空輸されて私のストールのとなりで売られていました。随分遠いところからきたバラだなあと思いました。素晴らしいバラでした。

コロンビアはほぼ赤道直下、熱帯高地は温度の日較差が大きい上に、標高如何で年中常春の、植物の栽培には理想の環境を意のままに選べます。生産費が安上がりの上に高品質と来ますから、輸送費は高くてもということになります。世界中を相手にしたはずですよね。
さて、沖縄の状況を調べたら「葉ジソの生産では、9月から5月まで電照栽培が必要(沖縄県の野菜栽培要領による)」とありました。KYOさんには栽培上の注意点を色々書きましたが、何よりも大事なのは、やはり種子の発芽当初から長日(出来たら電照)にして、生殖生長に入らないようにすること、次いで光が強すぎるようですから建物の南側や東側、あるいは木陰において、光量を制限するなど、工夫をされたら必ず成功すると思います。

なるほど、バラにはそんな裏事情があるわけですね。普段何も考えず、食品を買ったり、植物を買ったり…。いろいろなストーリーがありますね。
シソの件、勉強になります。まずは種子を入手し教えを忠実に!?やってみますね。そして念願のシソ入り手巻き寿司してみたいです。アルゼンティンから応援ありがとうございます。ブログって素晴らしいツールですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480893/25539768

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ 22 Nov, 2008:

« 大切なあなたへ | トップページ | お茶碗 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブリスベン天気

為替