« 休日の過ごし方 2 | トップページ | 鰯料理 »

嗚呼、お家…。

Img_2373

ようこそ。

これが我が家のリビングです。

……

………

…………ウソです。

先日、住宅展示場へ行って来ました。

ブリスベンではあちらこちらで住宅地の開発が進んでいます。

シドニー、メルボルンなどから移り住む人がここ数年急増している為、住宅は不足しているようです。そんな事情からも、このような建売住宅が盛んに建てられています。とは言え、もうあまりブリスベン市内には広大な土地も残っていないので、郊外がどんどん開発されています。もともとただの平野だったであろう二束三文の土地が今では飛ぶように売れているのです。しかも高値で…。

「あ~、あんな家にいつか住めたらな。」この日一日は夢心地でした。

しかし、現実は厳しいです。

ブリスベン市内での物件は500㎡、築恐らく2,30年くらいで普通にA$400,000~A$450,000くらいします。広さは日本に比べれば広いにしろ築30年の家がおよそ¥40,000,000とは驚きです。

マイホームが無理なら、賃貸で…。と思っても家賃も高騰しています。毎年10%くらい上がるのも普通になっているようです。地元のタウン誌では、ブリスベンの週平均家賃はA$330で、ゴールドコーストにおいてはA$400にまで上がってしまっているそうです。金利が上昇し住宅ローン支払いが困難になり、家購入をあきらめた人達が賃貸に切り替えたりしたことにより物件不足となり家賃の高騰につながっています。

我らぼろアパートでもこんな記事を読むと本当に感謝しちゃいます。お湯が出なくなったて、隙間風が吹いたって快適に生活できているんだから…。と思っちゃいます。それより追い出されないよう細心の注意が必要かな。

銀行の金利は7%を越しています。

えらい所に越してきてしまいました。

でもがんばるだけです。ただそれだけです。

« 休日の過ごし方 2 | トップページ | 鰯料理 »

ブリスベン日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480893/20784424

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、お家…。:

« 休日の過ごし方 2 | トップページ | 鰯料理 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブリスベン天気

為替