« ほのかな甘味、そのわけは…。 | トップページ | ご苦労様、サンダル »

八十八夜過ぎちゃいました

今年の八十八夜は5月1日でした。

八十八夜にちなんでブログをアップしよう!と思っていたのに“新茶ムードゼロ”のここブリスベンですっかり平常どおりに過ぎてしまいました。

しまった…。

まだ掛川の新茶も飲んでいません。

ブリスベンは秋の訪れを感じ始めています。

こちらは温かいお茶のおいしい季節になりました。

PS. 先日夜アパートの庭先でふくろうを見ました。こちらをジーっと眺めています。急いで子供達、旦那さんを呼んで観察しました。あんなに間近で見たのは初めてです。私達の気配、視線に動じることなくジーっとこちらを見ているのです。「ふくろう」ファンになりそうです。すごく可愛くって。夢中で観察したんで写真撮るのを忘れました。あの日一度きりであとは見かけません。また会えるといいな…。ちょっとハリーポッターの映画の始まりのような夜の出来事でした。

八十八夜と全く関係なくってすみません。

■ 八十八夜 ■

立春から数えて八十八日目にあたる日を八十八夜といいます。春から夏に変わる節目の日です。そう言えば、 ♪夏も近づく八十八夜…♪ と歌いますね。

八十八夜に摘まれたお茶は古くから不老長寿の縁起物のお茶として珍重されています。新茶を飲んで長生きしましょう!!!

« ほのかな甘味、そのわけは…。 | トップページ | ご苦労様、サンダル »

日本お茶事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/480893/20782931

この記事へのトラックバック一覧です: 八十八夜過ぎちゃいました:

« ほのかな甘味、そのわけは…。 | トップページ | ご苦労様、サンダル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブリスベン天気

為替