« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

また故障 の続き

あ~、お湯も出るようになったし、一件落着。

と思っていたらまたお湯が出なくなりました。

「もう、いい加減やめてくれ~。」

心からそう叫びたい…。

今度は給湯タンクの大本スイッチが入っていないような。

以前は「On」だったのに、多分今は「Off」になってるみたい。

やけにこの辺詳しくなってきました。

不動産屋にまた電話して今回は電気屋さんに来てもらうことに…。

そしたら知らない内に直ってました。大本スイッチを確認してみたら新しいものに交換してあったので。

せめて

「今、直しましたよ。」

と声掛けてから帰ってくれたら良かったのに。

直って無いと思ってヤカンでお湯を沸かし、バケツに水を汲んでお湯を注ぎ足して

お風呂に入ったばかりだったのに…。

とにかくまあ無事に修理も終了し、こうして超特急で直しに来てくれるのは本当にオーストラリアではありがたいことです。

Toowoomba 4

Toowoombaは大阪府高槻市と姉妹都市提携をしているそうです。

町にはそれに関連して日本庭園がありました。

町の観光案内所で何か見所は?と尋ねたところ、日本庭園を紹介され、

「私達 ニホン カラ キマシタケド…。」

なんて少し思いながらも、タダってこともあり足を運んでみることに。

とてもよく整備された立派な日本庭園でした。

つつじやもみじがあるだけでも雰囲気変わりますね。

なんとなくホッとするんです。やっぱりJapgarden 私は日本人です。

子供達にもそんな気持ちを持ってもらいたいけど、このままではダメですね。せめて自分の気持ちを子供達にも伝えたい。そう思いました。

Koumori_4 ここ、すごくいい所でのんびり、ゆっくりしたくなるところなんですよね。

でもすごいもの見つけちゃいました。

この木にぶら下がっている黒い物体、全部こうもりです。

木上部の黒いのはよく分かるけど、茶色くて枯葉に見える中間部分ありますよね?あれも全部こうもりなんです。カモフラージュ、しっかりしちゃってるんですよ!

こちらでは「フルーツバット」って言うそうです。

やっぱりこうもりって不気味ですね。洞窟でみるならわかるけど、町なか。しかも昼間。

できれば見たくない感じです。

泣き声が「キャー、キャッッ、キャッッ、キャッッ」って丑三つ時に聞いたら間違いなく怯えてます。

また故障

先週の話です。

前日の夜までは普通にシャワーして、洗い物してちゃんとお湯出ていたのに、

翌日の早朝、お湯が蛇口から出ないんです。

私は前日の深夜まで起きていたので、早朝旦那さんに起こされて、

「お湯が出ないけど昨日は?」

って聞かれてもピンと来ませんでした。

気分的には「さっきまではしっかりお湯出てたよ~。(内心:もう少し寝かせて)」

でも起きて試してみたらやっぱり出ないんです。

前にも給湯タンクが空になっててお湯が出なかったことがあったので、

その復旧方法を不動産屋さんに教えてもらっていたので、旦那さんにも伝え

応急処置をしました。でもやっぱりなおりません。

旦那さん曰く、「タンクのバルブが壊れている。」と。

その日のうちに不動産屋さんに連絡をいれると、すぐ水道屋さんが来てくれて

バルブを新しいものに取り替えてくれました。やっぱりバルブが老朽化していたんでしょう。また老朽化ですよ。

そしてお湯が出ました。今回は数日間水シャワーという災難をなんとか逃れられよかったです。

給湯タンクの水もほんの微量でも毎日水量が減っていくので2ヶ月に一度くらいは手動で水を足しておく必要があるそうです。

オーストラリアでは、古い建物でも内装を新しくしてよく住みますが、

どうしても古いとあちこちに不具合がでますね。

これで何回目だろうか?不動産屋に修理をお願いしたのは…。

その度に、いろいろ知識が付くのがせめてもの救いかな。

Toowoomba 3

マーケットです。

実は前日もブリスベンWest Endのマーケットに友人に連れて行ってもらったところでした。この日はいろいろなお店があり、しかも子供を旦那さんに預けて、友人との外出だったので、楽しくって、楽しくって、興奮し、すっかり写真を撮るのを忘れてました。

ここToowoombaのマーケットも意外と大きく楽しかったです。

Market

やはりオーガニック食品や地場産品を求めてくる人が多いようです。

なかにはインコを売っていたり、ネジ屋さんなど変わったお店もあり、楽しめます。

マーケットはまりそうです。買いたくなる商品を揃えるお店、見向きもされないお店、ディスプレイが素敵なお店。

お買い得品を探すだけでなく、そんなお店の観察も楽しみの一つです。

Toowoomba 2

Toowoombaへ着き、特に目的もなく町を車でまわりながら気になる所を見てまわりました。

Picnic Pointと言う公園で、ちょっとしたウォーキングをし、遊具で遊びました。お金がかからずこれだけ楽しめるのはホントいいです。

公園では年配の人達のバンド演奏があり、ピクニックしながら音楽を楽しみ休暇を過ごす地元の人達で賑わっていました。

休日の過ごし方が粋です。のんびり、ほんわかした空間でした。

Band

Toowoomba

前々からQLD内陸部に行ってみたかったので念願叶って日帰り旅行できました。

ブリスベンの西約118kmにある、QLD内陸部への入り口の町です。「ガーデンシティー」と言われているようでさすがにあちこちに公園があったり緑の多い町でした。

海が無いので、そのぶん深い緑がとても印象的でした。

View

雲海って言うけれど、一面に広がる緑が海のように見えるって何て表現したらいいんでしょう…。

ブリスベンとはまた違った趣です。のんびり、静かな町でした。

内陸部なので不動産もブリスベンよりは格段安いみたいです。こんなところに住めれば、生活の質も向上するでしょう。ブリスベンに住み、日本人の私達でさえ理解できないほど法外な値段で家を買い、あくせく働必要があるのか?考えちゃいますね。

それでも都会には仕事がある。大きな学校だってある。何でもある。

ブリスベンを離れられない理由もそこにはある。いろいろ考えながら帰途につきました。

ちょっとした旅行記は、後に続きます。

さようなら

同じアパートに住むベトナム人ファミリーが昨日引越してしまいました。

今まで所有していたビジネスを売却し、新しい土地でまた新たにビジネスを始めるそうです。今まではフライドチキン屋さんのオーナーでした。しょっちゅうフライドチキンのお裾分けをもらってました。それがまた美味しくって、クリスマスにもらったローストチキンは絶品でした。ビジネスを立ち上げ、軌道に乗ったところでまた別のビジネスを始める。こうして少しずつ、範囲を広げているようです。

奥さんにもちょっちゅうベトナム料理をごちそうになり本当によくしてもらっていたのに、たいしたお礼もできず引越してしまうとはなんとも残念です。先日、お別れに夕食を一緒に食べました。その時いろいろお話しました。

毎日おそらく殆ど休みなしで忙しく働き、夜も帰りが遅いようだったので、ゆっくり話したことはあまりありませんでした。とにかくよく働くな。というのが旦那さんの印象でした。

その夜、旦那さんとお話してその意味がわかりました。

旦那さんは27年前ベトナムからボートに乗ってシンガポールに渡ったそうです。その後、難民としてオーストラリアへ移住し20年以上ここで暮らしているそうです。ベトナムからボートで脱出、無一文からのスタート。戦争で多くを失い、犠牲にし、自由を奪われ、それでもこうして立派に生き抜いています。

感動しました。

彼には勇気と元気をもらいました。

私達家族にとってもすごくよい出会いでした。

Test

ただ今、ホームページビルダーと奮闘しております。ホームページからブログへ記事を投稿できるそうで、確認作業中です。
それだけです。意味なくってすみません。

洗濯日和

最近雨の多いブリスベン。

困るのは洗濯です。溜まるいっぽうです。

なので、洗濯物を干すタイミングが難しい。

天気予報を気にしない性格なので、なんとなく今日はできるかな~。

なんて頼りにならない勘で洗濯します。

タイミング悪く干してしまうと大変です。

でもこちらの人は気にしません。

雨で濡れたって大丈夫、次晴れるまで干しておけばいいんです。

よく1週間位干しっぱなしの洗濯物をうちのアパートでもみかけます。

未だに私には真似できません。

先日、久々に天気が良かったのでまとめて洗濯しました。

子供のパンツをふと数えてみたら、5枚。

4人で計20枚。

すごい量です。

日本ではそこまでためなかったように思います。

今は気にならなくなりました…。

とったどーーー!

一時期、小学生の間で流行ったそうですね。

我が家でも「とったどーーー!」ありました。

若干一名、家には「釣りきち」がおりまして、よく週末誘われます。

日中は暑すぎて釣りどころではないので先週末は午後から近くの海の桟橋へ釣りにいってきました。日暮れの桟橋もなかなかです。

翌日は友人夫婦とのランチだったので、あわよくば「お刺身ご馳走したいな~。」なんて思ってでかけました。

しかし、そんな上手くはいきません。

収穫ゼロと思っていたところに…。

Kanibefore

カニが釣れました。

正確には針に引っかかってしまった、不運なカニです。

カニはさすがに釣りなれてないのでびっくりしました。

お約束で旦那さんは指爪で噛まれてるし…。

早速、家に帰って美味しくいただきました。

身が甘くて想像以上に美味しかったです。

よく網に肉類を仕掛けてカニ捕りに来ている人を桟橋でみます。

「この為にあんな大がかりなことしていたんだな。」と納得です。

Kaniafter

友人夫婦に何もご馳走できなかったのは言うまでもありません。

電話がなおった

ヤッホー!

電話なおりました。今までの音質は最悪でした。

電話をかけるたび「ザザザザ…。」「ビリビリビリ…。」

そんな状況の中、電話を使うたび英語で聞き取りしてたんで、リスニングはひょっとしたら上達したかもしれません。

原因は、電話線差し込み口内部の劣化でした。錆びてると言われました。

ちょっちょっと直してもらい、今は完璧です。

古いアパートなんであちこち問題が…。

それを乗り越え、夢の一戸建て。

頑張るぞー!

アドバイス

週末、友人夫婦をランチに招待しました。

私が10年ほど前メルボルンに滞在していた頃のシェアメートのお兄さんです。

10年もの歳月を経て、彼も結婚し、偶然にもブリスベンに移り住んでいたのです。メルボルンでも知っていたので、ここブリスベンに知り合いがいると言う事は、私達にとっても心強いです。

前回はオージーBBQをご馳走になったので、今回は我が家へ招待することになりました…。招待と言っても、狭いアパート暮らし&移住後まだあまり物を買い揃えていない我が家は、ソファーなし、ダイニングテーブルすらない生活です。日本式に床に絨毯を敷いて、大きめのコーヒーテーブルで食事をしています。ちょっとオーストラリアではお目にかからないライフスタイル?って感じでしょうか?

「びっくりするだろうね~。」

「いらっしゃい、どうぞ~。なんて言って、いきなり床に座るんだもんね。」

なんて話しながら、友人夫婦をお迎えしました。

しかし、すんなり馴染んでもらえたようで安心しました。手土産にパンとチーズをいただきました。粋です。お洒落です。

そして、我が家でのランチメニューは手作り餃子となんちゃって寿司でした。パンとチーズのお洒落な気遣いとはうってかわって、庶民派ランチでしたが、とにかく楽しい一時でした。餃子も評判で頑張って朝から作ったかいがありました。パンとチーズに合う料理ではなかったけれど、肩肘張らず、自分達らしいおもてなしができてよかったです。

私が今計画している、こちらでの小さなお店の名前についても生の声を聞くことができすごく参考になりました。お茶も実際に飲んでもらって、感色もよくまた次のステップへ進むエネルギーになりました。

これからもちょくちょく、アイデアもらいながらやっていけたらいいな。と思います。

週末のできごと

充実した週末でした。久々に2日とも晴天で行楽日和でした。

家の電話線はまだ修理できていません。土曜の10時から2時の間に家の中の線をみてくれるというので待っていたのですが、やっぱりきませんでした。

「だいたい、土曜日にそんな~。」

「普通仕事しないでしょ~。」

と半信半疑待っていたので、2時過ぎにはそそくさと外出しました。

そしたら4時に来たみたいです。メモが残してありました…。

また日時のアレンジからやりなおしです。復旧まで遠い道のりとなってきました。

週末のできごと満載だったんで、少しずつ書き足していこうと思います。

やったあ

新学期が始まり、子供達のアイススケートレッスンも再開しました。

私達はお遊びでやってるスケートですが、どうやら進級テストがあるようで、今日テストがありました。上の子は一番下のクラスから一つ上のクラスのテストで合格しました。

Tiny Top 1からTiny Top 2 になりました。先生から渡された用紙の一番始めのレベルから一つ進んだわけで、最後はどのレベルなのかな~。なんて何気なく用紙を見てみると…

レベル1から始まり、次のページまで続いて、レベル18までありました。途中なんだかいろいろわからない単語が並び、それでも読んでみると、

ループ(loop)、ジャンプ(jump)、フリップ(flip)、サルコウ(salchow)など知らないながらもなんとなく、フィギアスケートの技らしいものが…

決め手は、最後のレベル18のイナバウワーでした。

Wow これってすごいじゃん(汗)

どこまで続くかわかりませんが、そのくらいのレベルまでいっちゃったらすごいな~。

雨が降っています

最近よく雨が降ります。水不足のブリスベンでは雨が降ることは良いことです。

水の使用が厳しく制限されているので他人事ではありません。車の洗車もできなければ、庭の草木に水もあげられないのですから、恵みの雨です。

話は変わって、電話の音質が悪いです。雑音が入ります。電話会社にクレームしました。そしたら意外な返事が返ってきました。

大雨などがあると電話線に水が入って、雑音が生じたりする場合があるそうです。

周りの人と家の電話の雑音について話した時も、水の影響を受けたと言う人が何人かいました。わりとよくある問題みたいです。

意外なところで雨が影響するんですね。また一つ勉強してしまいました。

その後、電話会社の検査員がチェックしに来たのですが家は水の影響は受けていないようです。でも未だに音質は回復しません。ちゃんと直るのかあやしくなってきました。

そんなわけで、「よく何かが壊れる」という周期に入ってしまったような今日この頃です。

親切な人

実はまた車を修理に出しています。

前回のラジエーター内ポンプの故障で、それが入っている箱(?)自体も腐食が激しいと指摘されていました。そしたらやっぱり、しばらくしてクーラント液が漏れ始めました。車庫に一晩止めておくと、翌朝少量ですがガレージに毎日漏れ出すようになりました。

ドバッと漏れなければさほど問題はない。と言われているものの、悪いと分かっていて放置しておくのも心配なんで、また修理することになりました。「他はどこも悪くない。」と言われたので、その言葉を信じます。これ以上車にお金をかけるのはホント勘弁です(涙)。

というわけで、また「てくてく」に数日間戻ります。先日はショッピングセンターからちょうど家の近くのバス停までのバスがあったので乗って帰りました。ショッピングセンターのベンチで隣に座ったおばさんと挨拶を交わし乗車しました。たまたまそのおばさんとは下車したバス停も一緒でした。私はまたそのバスで数時間後子供を学校までお迎えにいかなくてはいけなかったので反対側のバス停に時刻表を見るため、道を横断しようとしたその瞬間…

前を歩き始めていたおばさんが、戻ってきて自分の使っていた時刻表をバックから出して、「帰りの時間を調べようとしているならこれあげるわよ。」と差し出してくれました。そして去っていったのです。きっと私が困っているか、不慣れに見えたんだと思います。

スーパーで駐車しようとした時もこんな事がありました。

駐車しようと思ったら、反対側から私の存在には気付かず、先に駐車されてしまいました。私は特に気にすることもなく、別の場所に駐車しました。

そしたらその、車を先に駐車したおばさんが私の車に向かってきました。

「私が駐車したところにあなたも止めようと思ったんでしょ?私があなたの場所を取ってしまったのかしら?ごめんなさいね。」

とわざわざですよ、謝りに来てくれたのです。びっくりしました。嫌なニュースも耳にしますが、世の中捨てたものではありません。こんなほのぼの体験がありました。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブリスベン天気

為替